CGクリエイターだけどブータンに来てみた

CGアニメーションの制作指導のためにブータンに住んでる日本人のブログ

ブータン上院議員選挙

昨日金曜日は、上院議員の投票日だったので職場もお店も全部おやすみでした。どうやら投票時間終了の午後5時までお店を開けてはいけないみたいです(ホテルなど観光業除く)。
f:id:Kumiko_n:20180421165356j:image
f:id:Kumiko_n:20180421165358j:image

もう見事にお休みです。ここはティンプーのメインストリートに当たる場所なのですが、こんなに閑散とした様子を見るのは初めてです。

私は外国人なのでもちろん投票券はないのですが、何もしないのもつまらないし、せっかくの機会なので投票所に潜入してみることにしました。

ティンプー市内各地の学校が投票所になっているので 、その中の一つに、民族衣装を着てさもブータン人であるかのように行ってみることにしました。
f:id:Kumiko_n:20180421165918j:image

お、やってるやってる。
f:id:Kumiko_n:20180421165926j:image

"Female"って張り紙が見えますでしょうか。 ブータンは列を作るとき、なにかと男女に分かれます。理由は分かりません。
f:id:Kumiko_n:20180421170050j:image

なぜか女性の方が圧倒的に多いです。 朝早かったので、男性の皆様はまだおねむなのでしょうか。
f:id:Kumiko_n:20180421170139j:image

こんな感じで候補者たちが貼り出されています。

下から2番目のTshewang Rinzinという男性、実は一緒に仕事をしているアニメーターのお父さんなんです。以前は市長にあたる仕事をしていて、ダショー(ブータン爵位)をもらいリタイアしたけっこう偉い人らしいです。

この投票会場にそのアニメーターの彼がいると聞いたので、ちょっと冷やかしてやろうと思い探したのですが…

 

警備員「あなた、何してるの?並んでください」

私「あ、私ブータン人じゃないんです」

警備員「えっ」

 

結果

追い出されました。

明らかに挙動不審だったのでバレました。

投票権のない人はそもそも敷地に入るのもアカンかったらしいです。そういえば校門とか通路とかに銃持った警備員いっぱいいました。さすがブータン人顔の私、気づかぬ間に全部突破していたらしいです。

 

でも帰り際にアニメーターくんには会えました。なんか疲れてました。

 

ちなみに、そのアニメーターくんのパパが当選しました。おめでとうございます。