CGクリエイターだけどブータンに来てみた

CGアニメーションの制作指導のためにブータンに住んでる日本人のブログ

今年に入ってからの近況報告

お久しぶりです、とてもお久しぶりです。すごく放置してしまいました。

先日、日本の知り合いから生存確認の連絡が来ました。

生きてます。

 

2018年に入ってから、幸か不幸か非常に忙しかったです。今回は最近の活動をまとめて振り返らせていただきます。

 Post Effects Seminar in Gelephu

Bhutan Film Associationの人々向けに、全5日間かけてAdobe After Effects のセミナーを行いました。

これもなかなか苦労が多いながら、収穫と学びも多いセミナーとなりました。詳細は別記事で。

f:id:Kumiko_n:20180219020103j:plain

みんなでレビュー中。

 Group Study for Animators 全12回終了

やっと、やっと終わりました。

レギュラーで来てくれていた人たちのスキルは間違いなく向上しました。あとは彼らが学んだことをどれだけ作品に生かせるかにかかっています。

f:id:Kumiko_n:20180219021146j:plain

この言葉も教えた。ブータン人みんなに知ってほしい言葉。

 現在のプロジェクト本数

現在、ざっと4本のアニメプロジェクトを抱えております。来月か再来月から追加であと2、3案件面倒見ることになるかもしれません。日本でも6案件同時進行なんてしたことないっす。

死にたくない。

でも2本は今月末に終わる予定なので、大丈夫・・・なはず。

 延長・・・?いやいや

f:id:Kumiko_n:20180219024837j:plain

さぼってゲームしてる私の愉快な仲間たち(同僚)。

我々の赴任期間は原則2年。着任半年たった今、後任を探して継続支援を行う必要があるかどうかの調査等がぼちぼち正式に行われます。

職場が「YOU、任期延長しちゃいなよ」とアプローチをかけてきます。

なぜなら私が離任する直前くらいのタイミングで、私の所属する部署の体制をがらりと変える計画があるようで、その時に勝手知ったエキスパートがいてほしいらしいのです。

でもちょっと考えさせてください。

モテ期到来。

モテてます。アプローチかけられてます。とはいえ実はこれ理由がありまして

ブータンの方々は、自国より稼ぎのいい国に行きたがります。いわゆる出稼ぎですね。そして日本は賃金が高く、出稼ぎ志望のブータン人あこがれの地の一つなのです(ちなみに一番人気はオーストラリアです)。そして、日本人と結婚すれば日本で働けるので・・・まぁあとはお分かりですね。

でもそんな人たちにいつも言うんです。

「そういう話は定時や予定を守れるようになってからしてね」と。悲しいけどそれが現実なので。

まとめ

 とまぁ、なんだか目まぐるしい日々を送っております。

しかしそれはつまり私が必要とされていて、かつ私がなにかしらの変化をこの国に与えられているということだと思っています。

書きたいことはたくさんあるから、今後もはてブ見守っていてくださいm(__)m

f:id:Kumiko_n:20180219020107j:plain

ハイキングコースから見たティンプー。ミニチュアみたいですね。