CGクリエイターだけどブータンに来てみた

CGアニメーションの制作指導のためにブータンに住んでる日本人のブログ

ブータンの犬たち

ブータンの街中には野良犬がワンサカいます。

理由は簡単、殺処分しないからです。

ブータンの人々は「輪廻転生」をとても身近に感じ信じており、犬や猫やハエにも命があり、いつの日か人間に生まれ変わるかもしれない者と考えている(らしい)です。

f:id:Kumiko_n:20170718015645j:plain

現在住んでいる寮の近くにいる犬。「チビ」と名付けました。ちょっとビビりのかわいいやつです。

f:id:Kumiko_n:20170718015647j:plain

こいつは「ポチ」。

見た目は怖いけど実はこいつもビビリ。

f:id:Kumiko_n:20170718015024j:plain

日中は基本的にみんな寝てます

f:id:Kumiko_n:20170718015217j:plain

あっちでスヤスヤ

f:id:Kumiko_n:20170718015222j:plain

こっちでスヤスヤ

f:id:Kumiko_n:20170718015138j:plain

溶けてますよ

f:id:Kumiko_n:20170718015205j:plain

( ˘ω˘)スヤァ

 

よく見ると上の写真の中に、片耳が三角形に欠けている犬がいるのにお気づきでしょうか。実は彼らは去勢されています。日本で野良猫に取る措置と同じですね。

f:id:Kumiko_n:20170718021158j:plain

こいつは首輪をしています。飼い犬も放し飼いが多数います。

 

飼い犬はもちろんですが、犬たちは基本的に自分の縄張り、コミュニティーの中で生活しています。

 

ところでティンプーの町には住宅地や団地ごとに各コミュニティーがあり、同じコミュニティーで育った者同士をブラザー、シスターと呼ぶくらいコミュニティーの絆は強いです。

私の勝手な想像ですが、ブータンの方々にとっては犬も「コミュニティーのブラザー、シスター」であり、お互いに強い絆で結ばれているのかもしれません(ちなみに近所の団地にいる野良犬たちは名前が付けられ可愛がられていました)。

f:id:Kumiko_n:20170718022440j:plain

最後に肉屋の前の犬。なんとなく幸せそうな顔してます。